無修正 R18+バージョンの公開決定

by garamon

 2月1日から全国公開される劇場版アニメ『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』は、劇場アニメとしては異例となる、鑑賞を15歳以上に限定したR15+指定になったことが話題となっています。

 『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』は、三浦建太郎がヤングアニマルで連載中のダークファンタジー。その世界をアニメ化する「ベルセルク・サーガ・プロジェクト」が進行中で、2012年の『黄金時代篇I 覇王の卵』、『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』に続く黄金時代篇3部作の最後を飾る物です。

 最大の見せ場とも言うべき、鷹の団が壊滅しグリフィスがゴッド・ハンドへ転生する蝕のシーン。無数の使徒によって惨殺される鷹の団の団員達と、そして性愛描写があるとの指摘から映画倫理委員会よりR15+と判断されたものです。しかし、実はこのR15+よりも更に過激なR18+バージョンが存在することが明らかになりました。このR18+バーションが、R15+バージョンの公開と同日の2月1日から、新宿バルト9と梅田ブルク7の一部時間帯でレイトショー興行をすることが決定したと言う事です。

 蝕のシーンは、ベルセルクの全編を通じても最も衝撃的ですし、あれを忠実に映像化すればR15+とかR18+でも確かに不思議ではありません。