看護師へのパワハラで歯科医師を懲戒免職

by garamon

 山梨県富士吉田市の発表によると、職場の看護師らにパワハラ行為をしたほか患者の診療を拒否したとして、市立病院歯科口腔外科の歯科医師(58)を懲戒免職にしたそうです。

 また、改善措置を講じなかったとして院長(61)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした上、院長を解職しました。問題の歯科医師は市の聞き取りに対し「そういう事実は一切ない」と、パワハラの事実を否定していると言う事です。

 市によると、この歯科医師は平成25年2月~今年7月、看護師や歯科衛生士の計4人に「できないんだったらやめたほうがいいよ」などと冷たい言葉を掛けたり、適切な指示を与えずに放置するなどし、1人が精神的苦痛のため退職。

 この歯科医師、以前勤務していた山梨大学でもパワハラで民事起訴になっているというですから、常習者なのでしょう。パワハラかどうかは微妙な問題もあり、相手の受け取り方の問題もあるのですが、複数の職場で立て続けに問題になると言うことは、本人の言動に原因があると考えて良さそうです。

 そして、繰り返すと言う事は、本人にその自覚がないと言うことでもあります。恐らく本人は「その程度、出来ない方が悪い」とか「そんなことを気にする方が悪い」程度にしか認識していません。「自分の頃はもっと酷かった」と思っているかも知れません。実際、本人はパワハラを否定していますし。

 病院ではパワハラを含めた人間関係で退職する看護師が多く、退職理由の1位とも言われています。

 また、「紹介状に不備がある」などとして、特定の病院から紹介があった患者の診療を拒否したといいますから、人間的に問題があったのかも知れません。