伊調馨、告発状に関与せず

by garamon

 女子レスリングでオリンピック4連覇を達成した伊調馨(33)が、日本レスリング協会で強化本部長を務める栄和人(57)から繰り返しパワーハラスメントを受けているとの告発状が提出された問題で、伊調馨本人は関与を否定しました。

 伊調馨は愛知県の至学館大学を練習拠点に元々栄氏の指導を受けていましたが、北京オリンピック後から拠点を警視庁のレスリング部や男子レスリングの合宿に移し、警視庁レスリング部に所属し、当時フリースタイルの男子代表コーチだった田南部力氏(42)の指導を受けるようになりました。

 これに対して栄氏が田南部氏へ伊調の指導を辞めるよう圧力を加え、従わなかった田南部氏に「出て行け」などと脅し、伊調選手にも拠点としていた警視庁レスリング部の施設の使用を禁止。警視庁レスリング部も協会の指示に従い、田南部氏をレスリング部から排除したと言う事です。

 栄氏は告発状の内容を否定、協会も同じく否定し、警視庁も施設の使用を禁止したことはないとしています。

 前人未踏のオリンピック4連覇を達成、国民栄誉賞にも輝いた伊調馨選手を巡るパワハラ騒動。真実は何処にあるのか?、伊調選手がかかわっていないとするなら告発状は誰が提出したのか?。