野村総研社員の労災認定

by garamon

野村総合研究所でシステム開発を担当していた東京都の男性(36)について、亀戸労働基準監督署(東京・江東)が、精神疾患になったのは長時間労働が原因として、労災認定していたことが25日、分かった。

代理人弁護士が明らかにしたところによると、男性は1998年4月に入社。金融機関向けのシステム開発を担当していたが、長時間労働が続き、2004年2月、強迫性障害などの精神疾患を発症。休職と復職を繰り返したといいます。同労基署は発症直前の1カ月間の時間外労働を123時間と判断。精神疾患との因果関係を認め、今月19日付で労災認定していました。

同社は昨年9月、休職期間が満了したとして、同10月での退職を通告。男性側は「労災療養中であり、無効」として撤回を求めていたものです。
野村総研は「正式に連絡を受けていないのでコメントできない」としています。

日本の企業は基本ブラックですが、野村と言えども例外ではありません。ま、休職という制度があるだけマシでしょうか。中小ならそれすらあちません。法律とか制度的にはあるのでしょうが、運用の問題で。
しかし、”強迫性障害など”と言う事は、強迫性障害だけではなくて、他にも発症しているのでしょうか。そうなると、単に長時間労働と言うだけではなく、他にも様々なプレッシャーがあったのではないでしょうか?。