イタリア人投手、オリックスへ

by garamon

 野球の独立リーグである四国アイランドリーグplus(IL)・香川オリーブガイナーズのアレックス・マエストリ(登録名・マエストリ)投手(27)のオリックス・バファローズへの移籍が内定しました。両球団で契約の細部がまとまれば正式発表するとしています。正式決定すれば日本プロ野球界初のイタリア人選手誕生となります。

 マエストリ投手はイタリアのリミニ出身で、アメリカの2Aや独立リーグなどを経て、今季から香川に入団していました。2006年、2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にはイタリア代表として出場しています。
 香川ではクローザーとして活躍、5月には月間MVPに選ばれるなど香川の前期優勝に大きく貢献しました。2日現在、2勝12セーブ、防御率1.32の成績を残しており、セーブ数、防御率はいずれもリーグトップです。

 アレックス・マエストリは2006年に第1回ワールドベースボールクラシック(WBC)のイタリア代表に選出。主にクローザーとして活躍、その投球がスカウトの目に留まり、シカゴ・カブス傘下のチームとマイナー契約しました。しかし2011年4月にカブスを解雇され、以降はアメリカの独立リーグでプレー。2012年3月から香川オリーブガイナーズに所属していました。