タンパク質を制限する理由

by garamon

食べ物として摂取されたタンパク質は、胃で胃液によって消化されペプトンという物質に分解されます。さらに小腸では、さまざまな酵素が働き、ポリペプチドからオリゴペプチドという形になり、最終的にはアミノ酸となって血液中に吸収されて肝臓へ運ばれます。
肝臓で必要な形のたんぱく質に再合成されますが、その際、アミノ酸の窒素成分の一部がアンモニアとなり、大部分は尿素サイクルによって毒性の少ない尿素に変換されて腎臓を経て尿と一緒に排泄されます。

ところが腎臓が弱いと、この排泄作用が不十分になり、尿素が体内に蓄積されていきます。これが毒性を示すまでになると尿毒症になり、最終的には生命を脅かしかねません。そのため、腎臓が弱い人は尿素の源になるタンパク質の量を制限し、尿素の量を少なくしなければならないのです。
また、最近ではタンパクを過剰に取ると、腎臓の糸球体という血液ろ過装置に障害が生じる事も分かってきました。糸球体には血液を送る動脈と、そこから血液が出ていく動脈がありますが、たんぱくを過剰に取ると糸球体から出る動脈が収縮して糸球体そのものが高血圧になり、濾過機能に障害が出ると言われています。
そのため腎不全などになった場合は、食事のタンパク質に常に気をつけなければならなくなります。