野村総研社員の労災認定

by garamon

野村総合研究所でシステム開発を担当していた東京都の男性(36)について、亀戸労働基準監督署(東京・江東)が、精神疾患になったのは長時間労働が原因として、労災認定していたことが25日、分かった。

代理人弁護士が明らかにしたところによると、男性は1998年4月に入社。金融機関向けのシステム開発を担当していたが、長時間労働が続き、2004年2月、強迫性障害などの精神疾患を発症。休職と復職を繰り返したといいます。同労基署は発症直前の1カ月間の時間外労働を123時間と判断。精神疾患との因果関係を認め、今月19日付で労災認定していました。

同社は昨年9月、休職期間が満了したとして、同10月での退職を通告。男性側は「労災療養中であり、無効」として撤回を求めていたものです。
野村総研は「正式に連絡を受けていないのでコメントできない」としています。

日本の企業は基本ブラックですが、野村と言えども例外ではありません。ま、休職という制度があるだけマシでしょうか。中小ならそれすらあちません。法律とか制度的にはあるのでしょうが、運用の問題で。
しかし、”強迫性障害など”と言う事は、強迫性障害だけではなくて、他にも発症しているのでしょうか。そうなると、単に長時間労働と言うだけではなく、他にも様々なプレッシャーがあったのではないでしょうか?。


秋田のクマ脱走、飼育員2人死亡

by garamon

 20日午前10時5分ごろ、秋田県鹿角市八幡平の秋田八幡平クマ牧場から、「クマが飼育施設から逃げ出し、女性飼育員が襲われた」と119番通報がありました。

 通報を受けた地元の救急が女性2人の遺体を収容しましたが、全身をかまれており、即死状態だったそうです。駆けつけた地元の猟友会員が施設付近にいたヒグマ6頭を射殺し、残る28頭は施設内で確認されたと言う事です。

 秋田八幡平クマ牧場は秋田県鹿角市の八幡平熊沢外国有林内にあるクマの動物園で、従業員3名の零細企業です。国道341号沿いの八幡平温泉郷の温泉施設が点在する山中にあり、ヒグマ、ツキノワグマ、コディアックヒグマが展示されています。同園ではクマの飼養場が複数あり、クマが脱走した運動場は4.5メートルの塀で囲われていましたが、どうやら運動場内の積雪のために塀を乗り越えてしまったようです。しかし、こう言うのは毎日チェックしないのでしょうか?。死亡した飼育員も気の毒ですが、熊の方もいい迷惑です。


勝手に個人情報送信

by garamon

 インターネット検索世界大手のグーグル(アメリカ)が開発・配布している基本ソフト「アンドロイド」を採用したスマートフォンで、電話帳にあるすべての名前や電話番号、メールアドレスを勝手に外部に送信する目的で作られたアプリが複数見つかり、100万件単位の個人情報が流出した恐れがあることがわかりました。

 問題のアプリはグーグル社の公式アプリストアで無料提供されていたもので、13日に削除されたそうです。怖い話です、一体誰が何の目的でこんなアプリを作ったのか?。流出した個人情報は何処へ送られたのか?。

 Android(アンドロイド)とは、スマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームです。2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立したのが始まり。2005年にグーグルによって買収されています。2011年時点で、スマートフォン用のOSとしては、日本、並びにアメリカでのシェアは1位となています。


春の大嵐

by garamon

 急速に発達しながら日本海を東に進む低気圧の影響で、3日から4日にかけ、ほぼ全国的に「台風並み」の暴風や局地的な大雨などが発生しています。
 和歌山では、瞬間最大風速が41.9メートルを記録するなど大荒れ。都心でも社員を早めに帰宅させる企業が続出し、帰宅ラッシュが早まっています。

 今年は関東などで春一番が吹かなかったので、その分もまとめて吹いているような大嵐。明日にはやむようですが、今日一杯は家で大人しくしている方が良さそうです。瞬間最大風速が40メートルを超えたら、大人でも立っていることさえ難しくなります。強風で飛ばされた物が衝突しても危険ですし、物によっては命取りになりかねません。

 爆弾低気圧、と言うやつでしょうか?。ゲリラ豪雨とか、爆弾低気圧とか、竜巻が発生したり、ここ数年過去に見られなかった気象現象が次々と発生していますが、一体何が起きているのでしょうか?。これも地球温暖化の影響なのか?。