症状と対策

by garamon

ばね指と言っても、一般にはあまり知られていない症状なので、まずは症状を説明します。

指には関節を屈伸させる屈筋腱が骨の周りについています。そして指を屈伸する際、この腱が浮き上がらなくするために屈筋腱には靭帯性腱鞘という組織も備わっています。
この屈筋腱と靭帯性腱鞘の間に炎症を起こし、その結果腱が厚く硬くなり、動きが悪くなった時に無理やり指を動かそうとした時、バネ現象を起こすことをばね指と言います。その際、激しい痛みも生じます。

ばね指になる原因は、女性に多く発症することから女性特有のホルモンも原因の一つと言われておりますが、基本的には指を酷使するからです。パソコンを一日中打つ方、プロのピアニストなどにとっては気をつけないといけないものです。

もちろん準備運動である程度防げますが、ピアニストならまだしも、パソコンを打つ時などなかなかそうもいかないと思います。
しかしこの症状を防ぐには、今のところ過度負担をかけないことですから、やはり準備運動を意識するべきです。

さて、この症状になった場合の治療法ですが、軽度でしたらやはり指を使うのを控えることと患部を温め、血行を良くする方法が良いでしょう。
ただ、無理をするとリウマチに発展する危険性がありますので、ばね指の症状が出たら、早めに医師の診断を受けるべきです。
現在ではばね指の研究が進み、比較的短期間の治療で治るようです。


成功の秘決

by garamon

ダイエットをする時には、グラフをつけることをお勧めします。その方がダイエットの効果がひと目でわかりますし、ダイエットに対するモチベーションもアップするでしょう。

効果的なグラフをつけるコツは3つあります。

1.面倒な人はエクセルで
グラフをつけろと言われても、ノートにグラフをつけるのは結構大変です。折角始めたダイエットも、グラフをつけるのが嫌で挫折してしまったら本末転倒です。そこでお勧めなのがエクセルです。エクセルなら体重や体脂肪率を打ち込むだけで自動的にグラフを作成してくれます。

2.体重だけでなく体脂肪率も記録
ただ体重だけを測るのではなく、体脂肪率も測ってグラフをつけておいた方が良いでしょう。その方がちゃんと脂肪が燃焼されているかどうか、確認することができます。

3.食事の記録も一緒に
体重や体脂肪だけでなく、その日に何を食べたかも一緒に記録しておきましょう。そうすることで、「何を食べたら太るのか」「低カロリーな食べ物はどれか」などダイエットを成功させるための情報を知ることができます。
いちいちメモするのが面倒臭い、という方はデジカメや携帯電話で写真を撮る手もあります。

色々な情報を盛り込んでグラフをつけていくことでダイエット成功の道が見えてきます。「面倒臭い」と言わずに、こまめに記録をとりながらダイエットを行なっていってください。


プラス面とマイナス面

by garamon

介護福祉士となれば、高齢者の方とお話する機会が格段に増えることでしょう。これは、介護の仕事をする上で当然のことで、避けられないことといってよいかもしれません。

介護する側でありながら、そういった人生の先輩から教えられる局面は多々あることでしょう。介護の一般知識では到底知りえない現場での知識をそういった人たちから教わることがあるかもしれません。いろんな価値観や哲学に接することもあることでしょう。

介護福祉士として仕事をこなしていく上で基礎的な知識もさることながら、感謝されることに達成感や充実感を見出すことは、よいことかもしれません。介護は、泥臭く、きれいごとばかりでは通用しません。ときには、嫌になることもあるはずです。この仕事を辞めたい・・・、そう思うことが一度ならずあるかもしれません。
そんなときには、感謝される喜びを思い出すべきです。どんな仕事でもマイナス面は存在します。それは介護の仕事も同じことです。そうしたマイナス面を跳ね返してプラスの側面を思いおこすことで、明日への元気の活力を取り戻したいものです。

福祉系の仕事の根底には、思いやりという極めて単純な人としての優しさが原動力となっているものです。


シドニーで賛否両論

by garamon

2011年、オーストラリアのシドニー中心部の集合住宅の所有者団体が、住民に自宅内でも喫煙を禁じる契約条項を採用し、賛否両論がわき上がった事があります。

現地紙シドニー・モーニング・ヘラルドの報道にによると、シドニー中心部の住宅街アッシュフィールド(Ashfield)の集合住宅所有者たちは、賃貸契約書に全面禁煙を盛り込むことで合意しました。

この動きのきっかけとなったのは、1960年代に建てられた集合住宅に暮らす一部の住民から、アパート内の通気口をつたってたばこの煙が流れてきたり、バルコニーで喫煙する隣人の煙が入ってくるといった苦情でした。また庭や通路のあちらこちらにたばこの吸い殻が絶えないといった苦情も常にあったといいます。

不動産業者や集合住宅管理者によると、住宅が密集する都市では「禁煙住宅」の人気が高まっていますが、市民的自由の擁護を唱える人々からは、こうした動きは危険だと警戒する声もあがっています。

人権団体「市民的自由のためのニューサウスウェールズ評議会」のキャメロン・マーフィー会長は、「個人が自宅の中で合法な製品を使用することを禁じることができるのだとすれば、次はコーヒーを飲むことだって禁止できてしまう」と懸念を表明しています。