超高齢化社会に必要な仕事

by garamon

65歳以上の人口が総人口の20%強を占めている日本は高齢化社会を飛び越え、超高齢化社会というどの国も経験をしていない領域に踏み込んでいます。(※その原因は少子化であり…核家族化にあるといえます。)

そして超高齢化社会になっている現在、私たちの周りには、超高齢化社会に対する様々な問題が蔓延しています。そうした諸問題が蔓延している中、最も深刻な問題になりつつある出来事があります。それが訪問介護です。

私たち人間は、誰でも必ず年老います。そして私たち人間は、必ず身体が弱くなります。そしていずれ私たち人間は、必ず誰かに手助けをしてもらいながら生きることになります。そこで必要になるのが、訪問介護なのです。では、訪問介護とはどのような仕事(=役割)を担っているのでしょうか。

介護保険制度によって定められているサービスは、在宅サービス/施設サービスに分類されています。そして介護福祉士/サービス提供責任者/訪問介護員(ホームヘルパー)等々といった資格を持っている専門員が、自宅療養している高齢者(=病人)を訪問→身体の介護(身体介助)はもちろんのこと、食事等々を含めた家事全般(生活介助)の援助をすることが訪問介護の仕事なのです。
(※介護保険を利用している場合、介護福祉士などが作成するケアプランに基づきサービスを行います。)