鹿島、下克上で7年ぶりの年間王者

by garamon

 サッカーJリーグの年間王者を決める明治安田生命チャンピオンシップ決勝が3日、埼玉スタジアムで第2戦が行われ、鹿島アントラーズが2―1で浦和レッズに勝利しました。

 鹿島は第1ステージ覇者で、年間勝ち点では3位。11月23日の準決勝で年間勝ち点2位の川崎フロンターレを1―0で降し、下克上に成功。決勝戦は、第2ステージ覇者で年間勝ち点1位の浦和との対戦になりました。

 決勝はホーム&アウェー方式で、第1戦は浦和が1-0で勝利。年間王者に王手をかけた浦和は、第2戦も先制ゴールを上げましたが、FW金崎夢生(27)の2ゴールで逆転、7年ぶり8度目の年間王者に輝きました。

 第1戦を0-1で落とした鹿島は、年間王者に輝くには第2戦で2得点以上して勝つことが絶対条件だったのですが、見事にそれをやってのけました。年間勝ち点で15もの大差を付けられながら、まさに奇跡の下克上です。

 一方の浦和は、2年連続で大会方式の前に涙をのみました。浦和のペトロビッチ監督は「規定上はアウェーゴールの差で負けたが、1勝1敗なので決して負けたとは思っていない」と悔しさをにじませていました。