ストーカー行為で米国籍男を逮捕

by garamon

兵庫県警葺合署は4日、6年前にアメリカで知り合った神戸市の女性会社員(27)に付きまとったとして、ストーカー規制法違反の疑いで、アメリカ籍の自称大学院生ビタリー・オレゴビッチ・プラダン容疑者(26)を逮捕しました。

同署によると、プラダン容疑者は、女性がアメリカに留学していた2006年ごろに知り合い、女性が結婚することを会員制交流サイト「フェイスブック」で知ると、思いとどまらせようと、今年2月に来日して付きまとうようになったと言うことです。

直接の逮捕容疑は、3月と5月、女性の自宅や勤務先で計3回待ち伏せし、ストーカー行為をした疑いです。
プラダン容疑者は女性に「会いたい」などとフェイスブックでメッセージを送って付きまとったとして、同法違反容疑で、ことし3月に逮捕され処分保留のまま釈放となっていましたが、女性が5月29日に同署に被害届を出し、プラダン容疑者がストーカー行為を再開していたことが発覚したものです。調べに対しプラダン容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているそうです。