中部電力、都庁への電力供給断る

by garamon

中部電力の渡辺穣・販売本部長らが27日、東京都の猪瀬直樹副知事が中部電力に新宿区の都庁舎への電力供給を打診したことを受け、都庁で副知事と会談し「危機的な需給状況の中で、まずは西日本エリアの安定供給に全力を尽くしたい」と述べ、当分は供給できないことを伝えたそうです。
中部電力には、東京電力の値上げ方針が発表された後に、東京都以外にも東電管内の企業約10社から電力購入の申し出があり、いずれも東京都と同様に断っていた事も明らかにされました。

中部電力株式会社は、長野県と岐阜県、愛知県、三重県の全域、静岡県 富士川以西を営業地域とする電力会社です。原子力発電所は浜岡原子力発電所の一カ所のみで、原子力発電所を保有しない沖縄電力を除けば、最も電発停止の影響が少ない電力会社となっています。そのため電力購入の引き合いが多いのですが、お隣の関西電力が電力の半分を原子力で占めており、電力事情が逼迫。そちらを助けるのが優先で、他への供給はむずかしそうです。