炎症起こすたんぱく質特定

by garamon

慶応大学の吉村昭彦教授と七田崇助教(免疫学)らのチームが、アメリカの医学誌ネイチャー・メディシン6月号で発表した所によると、脳梗塞(こうそく)の発症後、脳の炎症を起こすたんぱく質を特定する事に成功したそうです。

炎症が起きると脳がはれ、梗塞が広がり病状が悪化します。しかし、このたんぱく質の作用を抑えると、梗塞部分が大幅に減少したと言う事です。同じたんぱく質はヒトにもあり、治療法の開発につながる事が期待されます。

年間患者数が96万人にのぼる脳梗塞は死亡率が高く、後遺症が残ることも多い病気です。最初に脳の血管が詰まって神経細胞が壊死した後、周囲の細胞が炎症を起こし、死滅していきます。これまでの研究で、最初に壊死した部分で免疫細胞「マクロファージ」が活性化し、炎症を起こすことが知られていました。

チームは、マウスの脳の抽出液を調べ、たんぱく質「ペルオキシレドキシン(Prx)」が活性化の引き金と突き止めました。Prxは細胞内で有毒な活性酸素を無毒化する働きがありますが、壊死した細胞から放出されるとマクロファージに結合し、さらに炎症を起こす別のたんぱく質を作らせていたと言う事です。