ロシア副領事、強盗犯を射殺

by garamon

 オリンピック開幕を目前に控えたブラジルのリオデジャネイロ市内で4日、ロシアの副領事の男性(60)が、強盗に襲われて逆に射殺する事件がありました。

 副領事は市内で妻と娘を乗せて車を運転中、拳銃を持った2人組の強盗が2台のオートバイで近づき、1人が窓ガラスを破壊、副領事を銃で脅して車を奪おうとしたという事です。しかし、逆に副領事は強盗の拳銃を奪い取り、一人を射殺。もう一人は逃走しました。

 現場はオリンピックのメイン会場となる、オリンピック公園から直線距離で約3キロの大通り。地元のメディアは副領事が柔術の使い手だと報じているそうですが、ロシアに柔術があったかどうか。柔術を元にしたサンボと言う格闘技は割と有名ですけど。

 また、地元警察は、副領事の行動が殺人に当たる可能性もあるして捜査に当たっていると言うことですが、副領事なら外交官免責特権があるから手出しが出来ないのではないでしょうか?。

 それにしてもブラジルの治安の悪さは予想以上です。


ロシア選手、リオデジャネイロ・オリンピック参加拒否100人以上

by garamon

 国際ボート連盟(FISA)は26日、ロシアが国家ぐるみでドーピングを隠蔽していた問題で、同国の22選手についてリオデジャネイロオリンピック参加を認めないと発表しました。

 FISAは既に3人の選手について参加を認めない決定を降していましたが、新たに19人が国際オリンピック委員会(IOC)の求める基準を満たしていないことが判明したと言う事です。
 FISAによると、19人は過去5年間に行われた検査では禁止薬物に対して陽性反応を示していませんが、「信頼できる国際的な検査の記録だけを参考にする」としたIOCの審査基準を満たしていないと判断したそうです。

 ロシア・オリンピック委員会は陸上の68人をはじめとする選手387人をリオデジャネイロ・オリンピックの代表に決め、28日の出発を予定していましたが、国際競技連盟の審査によって計6競技で100人を超える選手がオリンピックから除外される事になりました。

 世界反ドーピング機関(WADA)は今月18日、2014年のソチ・オリンピックを初め、夏季の20競技、パラリンピック競技などで国主導のドーピング隠蔽があったと認定し、IOCにリオデジャネイロ・オリンピックからロシア選手団を排除するよう勧告していました。しかし、IOCはロシアの全面排除はせず各競技の国際連盟に判断を委ねていました。

 この決定にたいしてWADAは、「勧告が受け入れられず、失望した。ロシア選手団全体のオリンピック参加を拒否すべきだとするWADAの立場は変わらない」との声明を出しています。


重力波を初観測

by garamon

 カリフォルニア工科大とマサチューセッツ工科大などの研究チームは11日、世界で初めて重力波の観測に成功したと発表しました。

 重力波は物体の重さが時間と空間(時空)にゆがみを作り、物体が運動した時、そのゆがみがさざ波のように、光速で宇宙に伝わる現象で、100年前に物理学者のアルバート・アインシュタインが一般相対性理論でその存在を予言していました。

 アインシュタインの相対性理論は、重力で光が曲がる「重力レンズ」や、ブラックホールの存在などを予言。観測技術の向上で次々と実証されましたが、重力波は余りにも微弱であるためアインシュタイン自身も観測は困難だと考えていたほどで、いわば最後に残った大物でした。

 重力波を検出したのはアメリカに設置された重力波検出施設のLIGO(ライゴ)、質量が太陽の29倍と36倍のブラックホールが13億年前に合体した時に発生した太陽3個分の質量がエネルギーとなった重力波を検出したと見られます。


日経平均年末終値、19年ぶりの1万9000円台

by garamon

 今年最後の株式取引となった大納会の30日、東京株式市場で日経平均株価(225種)の終値は前日比51円48銭高の1万9033円71銭となり、1996年(1万9361円)以来、19年ぶりに年末終値が1万9000円台に乗りました。

 前年末の終値を上回るのは4年連続で、年間の上昇率は9・1%で、昨年の上昇率7・1%を超えました。東証1部の時価総額の合計は約572兆円で、こちらもピークだった1989年の約591兆円に次ぐ高水準となっています。

 これまでアベノミクスによる円安で、電気や自動車など輸出関連株の上昇が目立っていましたが、加えて今年は小売りや食品など「内需株」も上昇しています。アベノミクスの恩恵が、内需の方にも回り始めたのでしょうか?。

 ただ、株価だけ見れば好調な経済も、個人消費の方は消費税増税以降芳しくありませんし、更に2%の増税も決定しています。中国経済の低迷も続き、今後どうなるのか、楽観ばかりはしていられない状態です。